トリアエズグチテミターネット 思うままにぐちをこぼし、不平を言ってみました。

外見と努力

02.28.2014 · Posted in

雑誌を見ると「コンプレックスビジネス」って言うのかな?

ダイエットや整形、エステ等、美に関する広告が多いのに気付きます。

 

兄の若い頃読んでいた少年誌の最後のページに載っている広告は「身長が伸びる」「肌荒れ(ニキビ面)を治してモテモテ(笑)」「脱毛」でした。

 

あと筋肉ムキムキになる為のトレーニンググッズもよく載ってたきがするけど、ダンベルとか、重りの入ったリストバンドとか(笑)

 

そんなに見た目で悩むのか!?って感じかもしれないけど、本人にとっては深刻だったりするかもしれません。

の知り合いでもカツラとシークレットブーツを併用している男がいるが、まずカツラについては、最初は帽子とかでごまかしていました。

 

ところがある日、思い切ってカツラを導入した所、最近のカツラは技術が凄くて、見た目では全くわからないです

突然髪が増えたらわかるだろっ!(笑)って思うかもしれないけど、意外にわからないものですね。その人の髪「なんか増えたな?」とか「若返ったかな?」って感じがあるけど、意外に「増えたな」ではなく「若返ったな」って感じです。

 

次にそいつが着手したのが身長!!

お店に行くと、靴の中に入れる中敷きの補強みたいなやつで上げ底にする「かかと」が売っているそうです。

大体それが1㎝とか2㎝なんだけど、その人はそれを何枚も重ねて、10㎝にしている、さすがちょっとやりすぎ感がでます。

するとどうなるかと言うと、身長が10㎝以上高くなり、175㎝位になるのである!!!

 

165㎝が175㎝だと見た目はだいぶ違うとは思うけど、そんな靴はいてたら、女性のハイヒールみたいなもんですね。

実際その靴のせいだとは思うけど、最近腰痛が酷いらしく、頭はカツラ、靴はシークレットブーツ、腰にはコルセットという状況らしい…

 

見た目はスッと背が高く、髪型のカッコイイ、姿勢の良いイケメンなわけだが実状は涙ぐましい努力の上に成り立っていることがすごーく大変だけど、実に良いことだと思います。

 

全然関係のない話だけど、私はフジテレビ男性アナウンサーの榎並大二郎さんのファンです。やはり、皆は皆で榎並さんじゃないから、容姿に関する努力をすることがとっても素晴らしいことだと思います。見栄とかじゃなく、内面は外見に滲んでくるというなら、綺麗な容姿で人生も楽しくなってくるかもしれません。

仲間はずれ

02.11.2014 · Posted in

りんかい線を乗れば、うちからフジテレビまで1駅しかないので、自然に休日は大台場で遊ぶことが多くなりました。

 

大台場周辺のお店をよく利用しているために、フジテレビのクラブドットネットの会員になって、大台場にある様々なお店はもちろんですが、全国で使えるクーポンが手に入れることができます。

近所の奥さんたちとそういう情報を交換するのがとても普通ですが、1人の奥さんAさんはいつも鼻で笑ったりします。

 

クーポンは貧乏人が好きでしょう、みたいな…と言いながら、しっかりとクーポン情報をゲットする気が知れません。

 

近所の奥さんたちも彼女のそのところが嫌で、仲間はずれではなく、馬鹿にされなくて済めば、そういう情報があったら、彼女のいないときに話をするようになりました。

 

ある日、Aさんから一斉送信のメールがきました。時間のあるとき、久しぶりに皆でお茶でもしましょうという内容でした。

 

久々に近所の奥さんたちが集まって、楽しくおしゃべりしてたら、Aさんは急に皆に仲間はずれされたと泣き出しました。クーポンの話が彼女のいないところでされてるのが知ってるだの、皆にしてひどいだのと話が延々と続きました。最後、皆はAさんを仲間はずれをしないことを約束させられて、Aさんはやっと泣き止んでくれました。

 

正直、本当に面倒くさかったです。人を責める前に、自分の非を見直すことが分からない人というのはどうしようもありませんね。

Mさんの彼女

02.03.2014 · Posted in 未分類

また、Mさんに誘われて、食事をすることになりました。さすが、何度も断っていたので、嫌々行くことになりました。
久しぶりに、Mさんと彼女に会いました。


彼女に席を外した間に、Mさんは相談を乗ってくれと悩みをぶちまけました。


Mさんは結婚したいのに、彼女は全然乗り気がなさそうです。それから、自分は彼女にどれだけ尽くしたとかを永遠に愚痴を聞かされました。彼女はフジテレビのアナウンサーが大好きなので、彼女のために、フジテレビアナウンサーの情報をいつもチェックして、グッズもたくさん買い、フジテレビの番組観覧もまめに応募して、とりあえず彼女の趣味に合わせるのが必死だけど、一体自分のことをどう思われているのかを聞いて欲しいそうです。
えぇ!?そんなことを言われても、なぜ私が聞かなければいけないのですか!?とにかく、くだらないです。

Mさんは友達があまりいないから、そんなことを頼める人がいないからとどうしても聞いて欲しいそうで、面倒くさいと思いながら、彼女にMさんのことを聞きました。

彼女は、彼と結婚するつもりはないそうで、彼の両親にも会うつもりがないし、彼とずっと一緒に暮らすつもりでもないそうで、彼と付き合っていても、また、他の人が現れることを望んでいるそうです。


こういう考え方を持つ女性で、テレビドラマで見たことがあるけど、現実で初めて出会って、やはりちょっとびっくりしましたね。でもMさんのことだから、別にどんな女性と付き合っても私たちに関係ないと思いました。
私の不思議そうな顔を見て、彼女は笑いました。「私は、あんなつまらない男を結婚するつもりはないですよ。」
そうか、そういうことでしたら、仕方がありませんね。



疫病神

01.10.2014 · Posted in 未分類

Mさんはやっと彼女ができました。彼のクライアントさんの彼女という人でした。
その彼女は元の彼氏と同棲していたので、別れてから行くことろがなく、Mさんの家に引っ越すことをきかっけで、付き合い始めたようです。


何年ぶりに彼女ができたMさんは喜ぶあまりに、主人と私に彼女を紹介たいと食事を誘ってくれました。
Mさんの彼女は歯科の受付をアルバイトをしている人で、可愛いらしい人です。


彼女と住み始めたので、ミ君は家から追い出されて、1人暮らしをし始めたそうで、Mさんはミ君は駄目なやつだから、1人ぐらいは大変ねと笑っていました。しかし、ミ君はやっと自由になっって、本当によかったと思いました。
「やつは、彼女ができたっって奇跡ですね」こうやって、ミ君のことをバカにしているMさんは本当に嫌でした。結局、あなたの元を離れたほうがよいことのようですね。ほら、あのミ君は彼女ができて、本当によかったです。あのころ、あなたに連れまわされたミ君は若さも元気も感じずに、可愛そうさえ思われたから、今こんな風に彼をバカにするあなたは本当に最悪ですね。


私は、ますますMさんのことが嫌いになりました。


今後も昔のように遊びに行きましょうと言われたとき、返事ができなかったです。彼に対する嫌悪感で、お世辞さえ言えなかったです。



Mさんリターンズ

12.10.2013 · Posted in 未分類

Mさんと縁を切ってから、一年が経ちました。もう私も主人も彼のことをすっかり忘れてしまいましたころ、彼から1通メールが届きました。


会社のシステム障害でスバムメールが届くかもしれないので、気をつけてほしいという文面で、続きに、一年前にお詫びしなかったことについて、謝罪し、また一緒に食事に行きたいと、主人を誘い出しました。
うちの主人は1年も経ったことだし、折角だから行きましょうと承諾しました。


久しぶりにMさんに会って、昔のイメージのままでした。Mさんは主人の友人に色々と仕事の話をしたり、1回しか会ったことない、私の友人のことを仲良しのかのようにしゃべったりします。
あぁ~Mさんはやはり昔のまま、何も変っていませんね。


食事会の後、主人のお客さんから連絡がきて、Mさんから仕事の誘いがあったけど、彼の評判がよくないからどうしたらいいと相談をされました。


Mさんは優秀なエンジニアだけど、その根性の曲がった人間性で、一緒に仕事をしたい人は少なくなって、皆はどんどん彼から離れっていきます。


それは私に関係ないので、もううちにさえ来なければ、神様に感謝いたします。
Mさん、ときに救われない人間関係もあります。一同に失われた信用はそう簡単に取り戻すことができないかもしれませんね。